『お尻と太ももの裏の痺れを何とかしたい』お客様

『お尻と太ももの裏の痺れを何とかしたい』お客様

 今回ご紹介するDさんは、60代女性の方です。

 仕事最中や、運動中に出てくる右お尻と太もも裏の痺れでお悩みでした。

症状は、お尻や太ももに出ているのに、原因が思わぬ所にあったためご紹介させて頂きます。

Dさんの特徴

特徴
☑️右のお尻と太ももの裏が痺れる

☑️運動していると痺れが出てくる

☑️骨盤が歪んでいる

☑️足の長さとサイズが左右で違う

Dさんは、仕事や運動をしていると、右お尻から、太ももにかけて痺れが出てきます。

症状は右のお尻、太ももに出ていますが、原因は別の部位にありました。

一見、骨盤と足は関係の内容に思えますが、土台である足に問題が隠れていました。

どんな悩みを抱えていたのか?

悩み
・痺れが出て仕事に支障が出ている

・痺れで運動も十分にできない

・痺れのせいでストレスがたまる

・痺れのせいで、気持ちまで落ち込んでしまう

Dさんは活動的な方で、仕事や運動など、体を動かすことがお好きです。

しかし、痺れにより、体を動かすことに不安を感じていました。

痺れは次第に痛みになり、大好きな運動もできなかったため、ストレスが溜まる一方…

そんなDさんを心配したお友達様が、当院をすすめたのがきっかけでした。

痺れの原因は?

お尻の痺れ

Dさんのお尻の痺れの原因は、2つありました。

  1. 骨盤の歪み
  2. 右足のハイアーチ

1つずつ説明していきますね。

1、骨盤の歪み

 

Dさんの場合、立っている時も座っている時も右側に体重が掛かっていました。

姿勢でいうと右の骨盤が下がって、体は少し左に傾いて右のお尻が外側、そして後ろに出てしまっている姿勢となり骨盤に歪みが生じていました。

お尻や太ももの裏の痺れに関係する坐骨神経は骨盤の後ろの部分の仙骨という部位から出ています。

坐骨神経は、仙骨神経叢という神経の束から分かれたものなので、骨盤が傾いたり歪むと、痺れが出てきやすくなります。

2、右足のハイアーチ

ハイアーチの足の特徴

ハイアーチだと片方の足の長さが短い

左右の靴の大きさが違うと感じる人はハイアーチの可能性がある

日本人は扁平足という土踏まずが潰れてしまっていうる足の状態の方が多いです。

Dさんの場合は、逆に土踏まずが硬すぎて、たわまず硬い足ハイアーチという状態になっていました。

お尻の痺れの治療

Dさんには4種類の治療を行いました。

  1. 骨盤・背骨の歪みの調整
  2. 足の関節の柔軟性向上
  3. オーダーメイドインソールの作成
  4. 骨盤ゆらゆら運動

症状が発生している部位、症状が出ていない部位にも歪みがあり、1つずつ調整していきました。

1,骨盤・背骨の歪み調整

 

 痺れの症状は骨盤のズレによって、仙骨神経叢が絡まったり、引っ張られたりする事で生じます。

 Dさんにはまず、痺れの症状の改善が必要だったので、骨盤のズレや歪みを調整しました。

 骨盤の調整にて7割程度の痺れ症状は取れ、ご本人さんもだいぶ楽になります。

しかし!!!

 毎回、来られる度に症状が戻ってしまう事が何度か続きました。

という事は骨盤が根本的な原因でない可能性が高い!!!

と気づきお身体の状態を見直しました。

そして、右足がかなりハイアーチになっており、骨盤のズレ・歪みの根本的な原因となっている事に気づきました。

 そして治療⬇️

2,足のアーチのモビライゼーション(関節を柔らかくする)

 

 足首から先の部分は足根骨と言われる小さな足の骨の集合体。

 ハイアーチはその骨同士が繋がっている所の関節がガチガチに固まってしまっている状態です。

 まずは足の関節を1つ1つ動かしていきました。 

3,オーダーメイドインソールの作成

 

 施術も週2回程度行なっていましたが、痺れの生じやすい仕事中と外出中もケアできる様に、オーダーメイドインソールを作って頂きました。

インソールを仕事靴に入れて使用して頂くと、

Dさんから「足がぽかぽかして気持ちいい」

と、血流が良くなる反応もあり、痺れも殆ど消失。

更にいつも生じていた骨盤の歪みも徐々に減少して症状が出る日が少なくなってきました。

Dさんの骨盤の歪みの根本的な原因は足にあるんだと確信しました!!!

4,骨盤ゆらゆら運動

痺れの根本的な原因は足とはいえ、骨盤の歪みを日々ケアしていくのは必要です。

そこで、自宅でできる骨盤の調整運動として『うつ伏せゆらゆら運動』を指導しました。

うつ伏せに寝て頂いて、首は好きな方を向き、骨盤(お尻)を左右に振るだけです。

3〜5分間程度行い、回数としては250~300回程度行って頂けると効果的です。

この運動でもDさんはカラダがぽかぽかしてくるとの事で気に入っていらっしゃいました。

治療効果と期間

 痺れは右足の治療を開始してから

  2ヶ月8割の痺れが解消!

 インソールを使用しれいれば痺れは殆どなく、仕事中も気にならないとの事。

 現在は少し痺れ等の症状がある時のみの来店で、2ヶ月に1回程度来院されます。

 痺れが良くなり、元気で活発になられました。

まとめ

Dさんは、右お尻と太ももに痺れがあり、仕事や運動が思うようにできず悩んでいました。

原因は2つありました。

  1. 背骨と骨盤の歪み
  2. 右足がハイアーチになっていた

そのため、4つの治療を行いました。

  1. 骨盤・背骨の歪みの調整
  2. 足の関節の柔軟性向上
  3. オーダーメイドインソールの作成
  4. 骨盤ゆらゆら運動

治療を始め2ヵ月ほどで症状は改善し、現在ではお仕事や仕事にも元気に取り組まれています。

お知らせ

 Dさんの様に痺れでお悩みの方は、こちらのLINEからもご相談できます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください