【早良区の整体院】ママチャリは腰痛にいい?悪い_?

自転車に乗っていて、腰が痛いと感じたことはありませんか?

その腰の痛み、たらだの使い方が原因で起こっています。

「自転車って腰痛に良いって聞くけど本当はどうなの?」

と疑問に思っている方はぜひここから下をお読みください。

自転車で腰痛になる原因

買い物や通勤でママチャリを使われている主婦の方も多いと思います。

買い物しや荷物や、バッグなどをママチャリのカゴに入れ一生懸命に漕いでいる姿を見ていると

「腰を反って漕いでいるなぁ」

と腰痛が起きていないか心配になります。

自転車に乗って腰痛が引き起こされる場合、腰を反って腰の筋肉を使ってペダルを漕いでいるのが原因です。

ではこの場合どうしたら良いでしょうか?

ペダルを漕ぐときに腰の筋肉を使わなければ良いのです。

腰の代わりに「お腹」「お尻」の筋肉を使うことで腰の筋肉を休ませることができ、腰痛が無くなります。

自転車を漕ぐときの姿勢

ママチャリを漕いでいる姿を見ていると、腰が曲がっていたり、逆に反りすぎていたりする姿勢が多いと感じます。

自転車を漕ぐときのポイントは

・前傾姿勢で漕ぐこと
・股関節から倒すこと

この2つです。

ポイント

まず、前傾姿勢で漕ぐことで、重心が前にいくので足に体重が乗りやすくなり、余計な力を入れずに前に進むことができます。

余計な力が入らないので、腰の筋肉に頑張ってもらう必要のないので腰が楽に漕げるのです。

さらに股関節から曲げることで自然とお腹とお尻に力が入りやすくなるので、腰ではなく股関節から曲げた前傾姿勢をとると腰痛にならず自転車を漕ぐことができます。

トレーニング

自転車で腰が痛い方は普段の生活から、腰を使わずにお腹とお尻の筋肉を使うことができていません。

そのため、お腹とお尻を使う感覚が体の中にない状態です。

このままではいくら自転車に乗ったときに意識してもうまくお腹とお尻の筋肉は使えません。

しっかりと体にお腹・お尻の筋肉を使う感覚を教えていく必要があります。

これから1つだけトレーニングをお伝えするので是非やって見てください。

ちなみにこのトレーニングは美尻になる効果もあるので女性にはおすすめです。

お尻のトレーニング

タイトルは綺麗なお尻を作るための〜となっておりますが、このトレーニングよやってもらうことでお尻とお腹の筋肉が使いやすくなるのでぜひお試しください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください